水槽で癒しの剰余。アクアリウム暮しが嬉しいだ。

身は小さい頃から金魚が大好きで、いつかは養うぞ、と心に決めていました。
ある時、弟から「金魚譲ろうか?」といった見解がかかりました。弟の仲間によって譲ってもらえるので、即お願いしたのです。
もらったときは何もそろってませんでしたが、弟からもらった蓋のある瓶には少しの水草といった金魚の稚魚が30匹ほど入っていました。
どれだけが生き残れるかわからないので大量に入れてあったそうですが、乏しい瓶のミドルをちょろちょろといった泳ぐ大量の金魚の稚魚にビックリものです。
明日さっそく、ホームセンターのペット先端へ赴き、明確飼育設定を取得。そうして住まいにいよいよ水槽が来ました。
日光が経つにつれ、総和も減り、最終的には3匹生き残りました。3匹とも得意があり、両方姓名もつけて毎日の餌やりが楽しみになったのです。
それを見ている彼氏が「おまえだけ楽しんでずるいぞ」ってうらやましがり始めたので、新たに熱帯魚を購入することになったのです。

それがきっかけで、熱帯魚を養うことになりました。
最初に飼った熱帯魚はブッシ―プレコというナマズ科の魚で蔑ろを食べてくれる。素直に掃除してもらえるなんて、好ましい子供ですなぁという感激したものです。
1匹飼い始めると、色々な種類の熱帯魚に魅了されました。形式が渋い、傾向が眩しいかったり面白かったり、人懐こかったり。それぞれの魚に人柄もあるので、見ていて飽きません。
現在は水槽はつまらないですが、三国一小さいカテゴリーのフグのアベニーパファー、海中に生息するヒメツメガエル、アマゾンに生息しているバンジョーキャット、食べ記しおメンテナンス役のコリドラスの5匹と共に生活しています。
ただし、魚によっては混泳ダメの場合もあります。肉食だったり、外圧性がおっきいって両者大丈夫では済みません。
アベニーパファーなどは基本的に混泳NGですが、住まいでは混泳させても問題なく、熱帯魚会社で話すって驚かれます。
魚の人柄次第ではうまくいく場合もあり、他の人には出来ない自分だけの水槽が生まれるので、そっちも明るい部分でもあります。

多分誰しも気になるのが、水槽のお手入れなどのメンテナンスのテンポです。
住まいは毎月もメンテナンス・水替えはしていません。3か月に一度もするかしないか程度で済んでいます。
最初は水のしみが気になっていつも水替えを通していましたが、それだと水が安定せず魚に負担をかけることも逆に多くて問題が多かったです。
おかげで、さっぱりといって素晴らしいほど方策をかけていません。

あんな水槽も、眩しい魚たちが「エサくれ♪エサくれ♪」とこちらに向かってエサくれ舞踏を通してくるので、それをみてエサを与えています。
アベニーパファーが一番人懐こいので、仲良くなれます。水槽を通じていくと、すぐ水面にきてくれる。
他の魚はわが順路を出向く商品が多いので、アベニーパファーは我が家の芸人だ。
バンジョーキャットなどは、砂の中に通り過ぎる商品な上、よく動かないので生きているのか死んでいるのかもよくわからないほどレアな位置づけとなっています。
時折出てきてるといった、自ずとすごく成長してる気がして楽しいだ。
ヒメツメガエルも、カエルのくせして水中でしか生きれないのですが、カエル風貌が茶目っ気があって可愛らしいだ。
このように、ろいろなアニマルの実情を知ることもこなせることも、魅力の一つです。

また、水槽も違い様々なカテゴリーが出ているので好みのタイプを見出すのも楽しいだ。
ハーフムーンパターンの半円商品や、滝がある商品や客席に置いておく小形などもあり、キャパシティーやサイズによってお手軽に楽しめるのもポイントです。
燈火も、単なる蛍光管でなくLEDのものもあります。住まいはホワイトと紫系のLED燈火によっているので、ホワイトで水草の緑という、魚たちの色つやを売り、夜はちょこちょこムーディーな紫系の色つやとして、ホールの燈火を落とした中で静かに落ち着いた雰囲気で水槽を楽しんでいます。

中に入れる水草等の割り付けも思うがまま、住まいも石灰岩のちっちゃい商品に水草を活着させて根を張らせたオブジェを置いていたりしています。
知識次第で水槽のなかも自分だけの国々が作れることも魅力です。
最近は、ホームセンターもアクアリウム機具の充実度が増してきているので、様々な代物が手に入ることが非常にうれしいです。
このように、ハマると際限なく自由に味わえるアクアリウム。
次はでかい水槽がほしいって彼氏がいっているので、住まいに大型の魚を迎え入れる日光もほど近いかもしれません。審査甘いキャッシングの口コミ